Comunication for Family

90分勇気づけお話会 in 助産院ばぶばぶ


「イヤイヤ期のわが子を可愛いと思えない」

「叱ってばかりで自分が嫌になる」

「褒めたいのに、言葉がみつからない」


もっと優しいママになるはずだったのに、、、。

と悩むことはありませんか?


こんなママでごめんね、って寝顔に謝ったことないですか?


子どもとふたりだけの時間が長いと、目の前の小さな失敗が気になったり、お友達との成長の違いが心配になったりしがち。


でもね、大丈夫。


「もっと優しいママになりたい!」「もっといい子育てをしたい!」と、お子様ときちんと向き合っていればこその、悩みなんです。


愛情たっぷりに、子育てしている証なんですよ。


だけどね、ママの愛情をうまく伝えるには、ちょっとしたコツが必要なの。


やたらと褒めるのではなく、厳しく叱って躾けるのではなく、「勇気づける」というコツ。


90分の「勇気づけお話会」では、アドラー心理学をベースにした「勇気づけ」を日常に活かすヒントをお話します。


コンテンツの一部をご紹介しますね!


●褒めると勇気づけの違い

・・・・子どもが失敗しても褒め言葉が見つかる


●ヨイ出しのすすめ

・・・・子どもやパパの褒めポイントが増える


●子育ての目標を意識する

・・・・イヤイヤ期も反抗期も「成長過程」として見守れる

Mama`s Voice1

「子ども・主人だけでなく人間関係すべてにあてはまる」

つい「自分から見て」「自分の感情を交えて」相手を見るけど、良いところというより、本質を受け止めて接したいと思いました。

-0歳ママ 20代


Mama`s Voice2

「褒めるのはニガテでも、ヨイ出しはできそう!」

子どもはまだ小さいけど、主人に対して「ヨイ出し」してみようと思いました。自分へのヨイ出しもしてみたい。褒めるのはニガテだけど、見たままを言うならできそうだと思いました!

-0歳ママ 20代


Mama`s Voice3

「自分でもトライできそうで楽しみ!」

いいところだけでなく、イヤなところも注目するほど行動が増える、というのがストンと自分に落ちてきました。

「してくれない」と言うのではなく、当り前のことをしてもらった時でも言葉で伝えていこうと思いました。自分にもできそうで楽しみです。

-0歳ママ 20代


Mama`s Voice4

「当り前のことって、当たり前じゃないんだ!」

改めて、生きてるとか元気でいることが、当り前じゃないんだと気づきました。気づいたことを言葉にしきたいです。「注目した行動が増える」は気をつけていきたいです。
-0歳・3歳パパ 40代


Mama`s Voice5

「夫のいいところに改めて気づいた!」

いいところがたくさんあるのに、当り前だと思っている自分に気づきました。子供にも夫にも、求めるレベルが高くなっていたんですね。少しずつ自分にもヨイ出しをして、ダメ出しを減らしたいです

-0歳・3歳ママ 30代


 

90分勇気づけお話会 (子連れOK・見守り託児つき)

 

【対象】勇気づけに興味がある方

【時間】1回90分

【場所】阿倍野区昭和町 助産院ばぶばぶ2階

【住所】大阪市阿倍野区阪南町2丁目29番7号

【最寄駅】地下鉄御堂筋線昭和町駅徒歩7分・地下鉄谷町線文の里駅徒歩15分


※自転車・車は、公共の駐輪場またはコインパーキングをご利用いただき、徒歩でお越しください 


【料金】

事前振込 2000円 ※ご家族1名追加は+500円

当日支払 2500円 ※ご家族1名追加は+500円


※開催場所により料金が変更される場合がございます